薔薇から生まれた安心の植物性プラセンタでエイジングケア

毎日忙しい中、自分のエイジングケアに
それほど時間をかけていられないのが現実です。
なので、私はサプリメントのように飲むだけで
エイジングケアができる「バラプラセンタ」のサプリメントを飲んでいます。

 

【送料無料】バラプラリッチ 3箱セット

 

「バラプラセンタ」とは薔薇から抽出した成分を使った植物プラセンタです。
薔薇のプラセンタは現在東京大学が共同で研究を行っているそうです。
バラプラセンタサプリに含まれる成分は、パラブラセンタエキスをはじめ
ダマスクローズ油・ローズヒップエキス・ローズヒップ油です。
ローズヒップはビタミンCが豊富で美容と健康に良いことは有名ですよね。
ダマスクローズ油はローズオイルの事で
女性のホルモンバランスを整えたり血液の循環をよくする効果があるんです。

 

古来、薔薇は薬として扱われていて、
その効能効果は他の植物よりも勝るものなんだそうです。
クレオパトラも薔薇を愛用していたようです。
しかし、クレオパトラに効果があったとしても
現代女性の私達に効果がなかったら意味がありませんよね(笑)

 

そんなこんなで、とりあえず飲んでみないとわからないので、
私はバラプラセンタサプリメントを飲んでみることにしました。

私が試してみたバラプラセンタサプリ

私が試してみたバラプラセンタサプリは「プラチナセンタ」と「バラプラリッチ」です。
どちらも同じ様な効果があると思いますのでご紹介しておきますね。

バラプラリッチ

バラプラリッチ

バラプラリッチはバラプラセンタエキスの他に
プロテオグリカンなどの美容成分が入っています。
お値段は一箱4,500円(税込)。
バラプラリッチの公式サイトから購入できます。
バラプラリッチの公式サイトには、
お得なまとめ買いの定期コースがあり、
2箱で6,000円(税込)と、3箱で10,500円(税込)のコースがあります。
【送料無料】バラプラリッチ

 

プラローズ

プラローズ

ダマスクローズをまるごと使用したバラプラセンタ『プラローズ10粒(PLAROSE)』。
クレジット限定:おひとり様2個まで、モニター価格のワンコイン500円(※メール便送料無料)で試せます。
薔薇プラセンタ『プラローズ10粒(PLAROSE)』1箱にバラ約7,380本分相当のバラ由来成分が凝縮されています。
プラローズ10粒(PLAROSE)モニター価格500円

 

プラチナセンタ

プラチナセンタ

プラチナセンタにはアミノ酸18種類と
ビタミン4種類に薔薇由来の成分が配合されています。
お値段は一箱60粒で10,368円(税込)
一箱に薔薇7,380本分のプラセンタが入っているんだそうです。
考えただけでも素敵ですよね。赤い粒が綺麗で飲むと薔薇の香りがほのかにしてきます。
女性誌でも話題のバラプラセンタです。

 

 

バラプラセンタのお値段が高いか安いかはその人の価値観によるとは思うのですが、
私は肌のエイジングケアを手軽にすることができて、
その結果、健康で生き生きとした毎日が送れている事を考えると
決して高い買い物ではないと思っています。
私はバラプラセンタに出会って本当に良かったなと思っています。

 

初めて飲んだ時から薔薇の香りがとても心地よくて
それだけでもなんとなく気持ちが落ち着くような感じがありました。
しばらく飲み続けていると段々と肌のハリを感じてきました。
それと同時に乾燥しがちだった肌もしっとりとしてきて、
化粧崩れもしなくなってきました。

 

飲んで特に体調が悪くなったこともありませんし、
もちろんアレルギー反応なんかもありませんでした。
それよりも飲み続けて、しだいに肌の調子がよくなるのを感じて、
気持ちまで生き生きとしてきて、
バラプラセンタを飲んでいて良かったなって感じる事が多いです。

 

以前は会社の後輩から「自撮りしましょう」って言われても
断っていた事が多かったのです。自撮りってカメラとの距離が近いので
年齢を隠し切れないですから。
でもバラプラセンタを飲み始めてからは、もう自撮りも怖くありませんよ(笑)

安全性の高い植物プラセンタ

アンチエイジングにプラセンタは
欠かせない重要なものですよね。
プラセンタとは「胎盤」のことなので
一般的にはプラセンタといえば動物性のもののことを指します。

 

しかし、今注目されているプラセンタには、
バラプラセンタをはじめとする、
「植物性プラセンタ」というものがあります。
植物なので胎盤はないのでプラセンタという言い方は
「厳密に言えば」間違っているんです。

 

しかし、植物にも動物の胎盤と似たような成分を持つ
「胎座」という部分があるのです。

 

これは植物の種の周りの部分のことなのですが、
その部分には種を育てるために必要な
アミノ酸やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているのです。

 

動物の胎盤に似た同じようなアミノ酸や
ビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれていて、
その成分が動物性のプラセンタとよく似ている事から、
植物の胎座から抽出した成分を「植物性プラセンタ」と呼んでいるんだそうです。

 

どちらも似たような成分と効果が得られるなら、
動物性のプラセンタでも植物性のプラセンタでも
どっちでもいいんじゃないの?ってことになりますよね。
なのに、何故、植物性プラセンタが注目されているのか?
それが気になって私なりに調べてみました。

 

動物性プラセンタと植物性プラセンタの一番大きな違いは
「成長因子」を含んているかいないか、ということになるようです。
成長因子はエイジングケアに効果があるものなんだそうです。
この成長因子は動物性プラセンタにしか含まれていないんです。

 

それなら動物性のプラセンタの方がいいんじゃないのか?って思いがちですよね。

 

エイジングケアに良いとされている動物性プラセンタには、
実は残念ながら、アレルギーや病原菌などによる感染症、
病気や薬の問題といったようなリスクを含んでいるのです。

 

動物性プラセンタの代表的なものは、馬や豚や羊です。
それらの動物の胎盤を利用しているのですから、
当然そういったリスクも高くなるのでしょう。
因みに狂牛病が発生してからは
牛のプラセンタの使用はされていないようです。

 

その点、植物性プラセンタにはそのようなリスクは存在しません。
植物性プラセンタを抽出するのは、植物の胎座の部分です。
メロンの種の周りの部分のようなところから抽出するわけですから、
農薬の影響などもほとんどないと言ってもいいんだそうです。

確かに成長因子が含まれていない植物性プラセンタは
動物性プラセンタよりは成分的には少し劣るのかもしれませんが、
それによるリスクを考えた場合、アミノ酸やビタミン、
ミネラルなどが豊富に含まれていて、
しかもその効果が動物性プラセンタに非常に近いという事で、
安全性の高い植物プラセンタが注目されているんだそうです。
使い続けるものだからこそ、安心安全なものがいいですよね。

 

そもそもエイジングケアが必要なのか?って事になるのですが、
これは人それぞれですよね。
1つ言える事は、アンチエンジングには少々の時間がかかるって事。

 

今日飲んで明日にはプルプルのお肌になる、なんてものはありません。
というか、あったとしたら逆に怖いですよね。そんな怖いものは飲めません。
ですから、年齢肌を感じ始めた頃からエイジングケアをすることが大切なんです。

 

お肌の曲がり角を大きく曲がりきった後では
回復にも時間がかかってしまいます。
それにエイジングケアは見た目のケアだけじゃないんです。
エイジングケアをすることで気分も晴れやかになったり、
人目を気にして外に出歩くことがなくなったりして
不健康になったりすることもなく、
健康にそして生き生きと毎日を過ごすためにも
私はエイジングケアは女性だけでなく男性にだって必要な事だと思っています。